読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくな日記

関西に住む女子の日記「ケーキ」「アート」「安藤忠雄」「建築」「かわいいもの」わたしのすきなもの日記

思わず手にとってしまった小説 「29歳」

20代最後の歳を満喫しているナツキです ふらーっと図書館でみつけた文庫本「29歳」 オンタイムな話題なので、思わず手にとりかりてきました 「私の人生は56億7000万年」山崎ナオコーラ「ハワイへ行きたい」柴崎友香「絵葉書」中上紀「ひばな。はなび。」野中…

夏目漱石「三四郎」小悪魔女子の魅力

ちょっと文学的な小説を読んでみました 夏目漱石の「三四郎」です 東京帝大入学のため九州から東京にた来た男性、三四郎の話です 三四郎はなんだか冴えない真面目な男なイメージ 友達の与次郎は遊び人でプラプラしてて面白いです 女性が何人か出て来ますが、…

ロデリック

AIのロボットの話しです「ロデリック」 彼は「自分を人間のようなロボット」と思っています 言葉を覚えていく、学習型ロボットです 初めてロデリックが登場したときは全然言葉は話せません 少しずつ学んでいくので、ロデリックの成長をみるのが楽しいです 登…

与えられたことばかりしていると頭がなまるよ

他人の言うことを言われるままにしていたわたし そのことに今まであまり疑問をもたず生きてきました でも世の中にはいろんな人がいて、なんでも言い返すひとがいたり 言われたことを受け入れるけど、自分風にアレンジして自分の考えに変換できるひともいたり…

王とサーカス〜今本にはまっているナツキが勧める小説

最近読書ブームです その中の一つを紹介します ネタバレしないようにぼやっと感想かいてます☆ 「王とサーカス」 2001年に起こったネパール王室殺人事件を機に、殺人事件がおこります そう、舞台はネパールです 主人公の太刀洗真智は記者の仕事をしています …

ピース又吉が絶賛していた小説「教団X」

わたしは本を読むのが大好きです でも購入すると家の中が本で埋め尽くされるので、最近は図書館で借りています 去年のテレビで又吉がよかったと言っていた小説「教団X」 今年の2月くらいに借りようとしたら、かなり人気で予約も殺到していました 気長に待と…

風の谷のナウシカ☆原画版と映画は内容がちがう

原画版を読みました 読み終わってすごい衝撃に襲われました 話が暗く、結構残酷なんです 映画しか知らないときはオームの子供を助けて、ナウシカが青い服をまとった伝説の人物やった、巨神兵も自滅して恐怖も消え、ええ話やった~っておわれたんですが まだ…

瀬戸内海の海賊「村上海賊の娘 上・下巻」☆和田竜

読破しました! 「村上海賊の娘」 村上海賊の娘 上巻 作者: 和田竜 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/10/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (69件) を見る この前尾道に行って、イメージ膨らましていましたが 読みきるのに1ヶ月半かかりました …

大人になってから再び読んでみた「アンネの日記」

誰もが知っている有名な本「アンネの日記」 学生の頃に一度読んで、戦争はこわさを感じたのは覚えています みつかったら連行され命を奪われてしまうので、ひっそり暮らさないといけない 平和な時代にうまれた私には想像するしかありませんが とっても恐ろし…

ぼくは明日、昨日のきみとデートする☆七月隆文

最近涙した小説をご紹介します 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 タイトルが長い。最近の流行りですね(^^) ドラマとかもタイトルが長すぎて、主役の名前で呼んでます 武井咲がでてるやつ~とかで伝わるので問題ないです 話を戻します(^^)/ 感動すると…

syunkonカフェごはん☆料理本

いま我が家で人気ナンバーワンの料理本です(*'▽') 山本ゆりさんの料理本です 4巻まででてます レシピブログで人気ブロガーになり本をだされました 関西出身の方らしく、レシピ本なのに面白い(^^♪笑 自身のレシピにつっこみをいれたり お皿の下にランチョン…

名前☆本

「子供の名前が危ない」 という本をよみました(*'▽') 最近キラキラネームがあります 私はあまりキラキラネームは好きではなかったです けれどこの本をよんで少しそれに対する抵抗は和らぎました キラキラネームでも子供のことを考えて 選んだ名前だとおもう…