読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくな日記

関西に住む女子の日記「ケーキ」「アート」「安藤忠雄」「建築」「かわいいもの」わたしのすきなもの日記

夏目漱石「三四郎」小悪魔女子の魅力

ちょっと文学的な小説を読んでみました

 

夏目漱石の「三四郎」です


東京帝大入学のため九州から東京にた来た男性、三四郎の話です

 

 


三四郎はなんだか冴えない真面目な男なイメージ


友達の与次郎は遊び人でプラプラしてて面白いです

 

 


女性が何人か出て来ますが、どの女性も気が強く、大和撫子とはちがうタイプです

 

美禰子という女性がいますが、三四郎は惹かれていきます


小悪魔っぽい感じがミステリアスで魅力的なんです(^^)


美禰子も多少気になってそうでしたが、結局他の人と結婚してしまうっていう( ´・д・)

 

 

 


そこで、最初の女性とのやりとりに意味があったのに気づきました


東京行くまでに出会った女性と同じ宿、同じ部屋で一晩過ごしますが


全く手を出さずに朝を迎えるんです

 

 

 


その女性との別れ際に「度胸のないひと」だと言われちゃうんですよね〜

 

 

 


美禰子のことも好きならもっとプッシュする度胸があれば、もっと違う未来があったのになぁと


そういう伏線だったのかと思いました


わたしは女子なので、恋愛目線でこの小説を読みましたが


もっとたくさんのメッセージが込められているのでしょうね(*´∀`)

f:id:gagkem0317:20170322140830j:image

次の人生では美禰子のように小悪魔になって、周りの人を翻弄してみたいです